プレグナンツの法則

DATE : 2014/06/15

プレグナンツの法則とは、最も単純で規則性があり、秩序が保たれた纏まりとする傾向のことで、ゲシュタルト心理学の中核となる概念のこと。

人は全体像を見て、そこからグループや、何かしらのパターンを認識してしまいますので、デザインでは情報ごとにグルーピングしたり、異なる情報とは距離を離したり、一定のパターンなど、規則性と秩序をもってデザインすることで、ユーザーへの認識を助けることができます。

近接の要因
■■■
■■■
近くのものは纏まりやすい

類似の要因
■■■ ★★★ ●●●
類似するものは纏まりやすい

開閉の要因
】 【 】 【 】 【 】 【
閉じ合っているものは纏まりやすい。誰も】【がグループとは思わない。閉じ合っている【 】がグループと認識する。

プログナンツの法則は、視覚だけではなく、音楽の音符の並びにもプログナンツの法則を見て取れる。