バズ・マーケティング

DATE : 2008/07/11

バズ・マーケティングとは、「口コミ」を利用したマーケティング手法で、「人々が噂をしている」「人々が話題にしてしゃべっている」状況を人為的に作り出します。

消費者や、マスコミの注意を引き、とにかく話題にすることが目的。
バズ・マーケティングの第一人者であるマーク・ヒューズによると「人々が話題としたくなる物語を提供すること」が重要とし、「タブー」「変わったこと」「突飛なこと」「おもしろいこと」「ずば抜けていること」「秘密(暴露)」の6つをポイントとして挙げている。

バズ・マーケティング同様に口コミを利用したマーケティングとして「バイラル・マーケティング」があるが、バイラル・マーケティングはマスコミ、企業からではなく、個人のコミュニケーションから発生すること、また、商品、サービスの促進、奨励が目的であることから異なる。