パンダアップデート

DATE : 2012/10/13

パンダアップデートとは、グーグルが検索アルゴリズムを大幅に変更(アップデート)した際の名称のこと。

アメリカでは2011年春から夏ごろにアップデートされ、2012年7月18日にグーグル公式ブログで日本版グーグルにもパンダアップデートが適用されたことがアナウンスされました。

パンダアップデートの特徴として「ホームページのクオリティを評価する」アルゴリズムが特徴で、他のサイトからコピーしたページや、内容の薄いページ、アフィリエイトバナーが多く貼られたサイトなどが、パンダアップデートのフィルターに引っかかりランクダウンしています。

ECサイトの商品ページは、メーカーからの商品説明テキストを記載しているサイトが多く存在するため、これがコピーページとしてフィルターに引っかかりランクダウンケースも見受けられた。

同一テキストが存在するプレスリリースサイトや、ニュースサイト、APIによりコンテンツ情報を表示しているサイトなども、コピーページとしてパンダアップデートのフィルターに引っかかるケースも少なからず見受けられた。

パンダアップデートは頻繁に調整アップデートされ、その制度は高くなってきています。