KEI

DATE : 2012/10/13

KEIとはKeyword Effective Indexの略で「キーワード有効性指数」のことです。
KEI値が高いほど有効性が高く、SEOや検索連動型広告などを施策することで、費用対効果の高いアクセス、コンバージョンへとつながります。

KEIは下記の計算式で割り出されます。
・KEI = (検索回数×2乗) ÷ (検索対象ページ数)

■KEIの具体的例

ヤフーで「インターネット広告」の検索結果は158,000,000件でした。
次にユーザーが「インターネット広告」で検索する回数を調べます。月間8,783件でした。

8,783×8,783 ÷ 158,000,000 = 0.488 となります。

「インターネット広告」のKEI値は「0.488」ということで、かなり低い数値であり「インターネット広告」でのSEO、検索連動型広告をおこなった場合、費用対効果は低いといえます。

PAGE TOP
このページの先頭へ