ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

Google Feed APIが終了したのでfeed.PHPに変更する

Google Feed APIが終了したので、JSからPHPに切り替えるコードです

Feed.phpを使って、ウェブサイトにRSSを読み込んで表示させる方法です。

別ドメインのRSSを読み込むこともできるので、他のブログのRSSを表示させることも可能です。

feed.phpでxml、atomを表示させる

下記からファイル一式をダウンロードします。

RSS&Atom Feeds for PHP

使うのはsrcフォルダーに入っている「Feed.php」のみです。

読み込んだRSSを表示させるページを編集する

読み込んだRSSを表示させたい箇所に下記のコードをコピペします。

<?php
require_once "./Feed.php" ; // Feed.phpへの相対、または絶対パス
$url = "http://●●.xml" ;// 取得するフィードのURL
$MAX_feed = 10;// 表示させる件数
$feed_count = 0; $feed = new Feed ; $rss = $feed->loadRss( $url ) ;
foreach( $rss->item as $item ){
if ($feed_count >= $MAX_feed) {
break;
}
{
$feed_count++;
$title = $item->title ;
$link = $item->link ;
$description = $item->description ;
foreach( array( "pubDate" , "date_timestamp" , "dc:date" , "published" , "issued" ) as $time )
{
if( isset( $item->{ $time } ) && !empty( $item->{ $time } ) )
{
$timestamp = ( is_int( $item->{ $time } ) ) ? $item->{ $time } : strtotime( $item->{ $time } ) ;
break ;
}
}
if( !isset( $timestamp ) )
{
$timestamp = time() ;
}
echo '
<li><a href="' . $link . '" target="_blank">' . $title . '</a></li>' ;
}
}
?>

トップページ(例えばindex.php)にRSSを一覧表示させたい場合は、トップページ(例えばindex.php)にコピペして下さい。

環境に合わせて編集します。

【require_once】は、「Feed.php」までのパスを記入します。
【$url】に、取得するRSSのURLを記入します。
【$MAX_feed】に、表示させる件数を記入します。
【echo】箇所は、出力させるhtmlタグになります。適宜編集して下さい。

サーバにアップロード

「Feed.php」と「表示するページ(例えばindex.php)」をサーバにアップします。

rss-feed-php

「表示するページ」にアクセスすると、取得したRSSが一覧表示されていると思います。

APIを使ったサービスをクライアントワークで使用する際には、契約の際に気をつけてくださいね。

新しい記事

東京のWEB制作会社イッティ