ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

細やかな調整でコンバージョンを上げるA/Bテスト

細かい調整のA/Bテストでコンバージョンが大きく向上する場合があるので、ちょっとしたA/Bテストは重要だよねという話です。

A/Bテストの基本は、AとBのキャッチコピーや画像は全く異なるようにすることから始まります。
「AよりBの方が結果良かったね。じゃあBで行こう」で終わるのではなく、結果の良かったBパターンでさらにA/Bテストをおこなうことで、よりコンバージョンを向上させることができます。

イイとこ取りしたパターンでA/Bテスト

A、B、Cのパターンでスプリットランテストした結果、Cパターンが最も優れていたとしても、AとBもそれなりに結果を残していますので、AとBの良い部分をCパターンに組み込んでさらにA/Bテストをおこないます。

つまり、「C+A」「C+B」「C」の3つのパターンでスプリットランテストをおこなうことで、よりコンバージョンの高いクリエイティブを導き出すことができます。

細かな調整によるA/Bテスト

結果の良かったCパターンの、キャッチコピーや、レイアウトをほんの少しだけ変えたA/Bテストで、よりコンバージョンの高いクリエイティブを導き出すことができます。

キャッチコピーや、ボタンを右から左へ変えるだけのA/Bテストはそれほど負担にならないので、やってみる価値はあると思います。

visual website optimizerでその事例が紹介されています。

修正前のオリジナルページ

vocase011

調整後のページ

vocase02

キャッチコピーとボタンの位置を少し変えるだけで、コンバージョンが91%も向上しています。

見出しのキャッチコピーはほぼ一緒ですね。「Checking email every 5 minutes? Stop!(メールのチェックに5分も費やしてるの?止めなよ)」

調整したページでは小見出しのキャッチコピーが追加されています。英語担当者に聞いたところ、英語独特の言い回しで「AWAY」と「FIND」を上手くかけ合わせた、よくできたキャッチコピーなようです。

ボディコピーのフォントは小さくして、「Try it Free」のボタンを上の方に持ってきています。

見出しのキャッチコピー→小見出しのコピー→「Try it Free」へと流れる、キャッチコピーとボタンとのコンビネーションが決まるレイアウトが見事ですね。

社内でもちょっと話題になったあるあるネタです。

調整後のレイアウトを見ると、ボディコピーのフォントがかなり小さくなっています。
もし、調整後のレイアウトを先にクライアントに見せると「ボディコピーの文字が小さいから大きくしてよ」と言われそうです。

そう言われるとオリジナルのレイアウトになってしまう場合があるかもしれませんね。(苦笑

こういったクライアントの何気ない一言でデザインが改悪されないように、A/Bテストや、こういった情報は共有したいですね。

新しい記事

東京のWEB制作会社イッティ