ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

たった15分でWordPressの表示速度が劇的に早く

プラグインJetpackのCDN機能を使ったらWordPressの表示が劇的に早くなったので、手順をご紹介します。

Jetpackは、いろいろな機能が詰め込まれたプラグイン。
機能のひとつにWordpress.comが提供するCDNを簡単に利用できる機能「Photon」があります。
これを「ON」にするだけで、CDNが利用できます。「CloudFlare」のようにドメインのDNSを変更する必要はありません。

Photon機能を使った結果。表示速度が10秒から4秒台に!
しかも、キャッシュ系プラグインOFF。サーバ側のGzip、キャッシュなど無しでこの早さ!

下記に該当する方はJetpackのPhoton機能オススメです。

  • CloudFlareを導入しても遅い。ドメインDNS変更が面倒。
  • キャッシュ系プラグインを入れても遅い。または不具合に悩まされる。
  • 画像が多いWordPressサイトを運営している。

Jetpackをインストールする

プラグイン「Jetpack」をダウンロードして、Pluginディレクトリにインストールしてください。
まだ、インストールするだけです。

※既に使用しているキャッシュ系プラグインを一旦、OFFにしておたほうがトラブルは少ないと思います。 (W3 Total Cacheはトラブりました)

WordPress.comでアカウントを作成

WordPress.comのCDNを使うので、アカウントを作ります。

wordpress-com-img

ブログは不要なので、右下の「ユーザー名のみ登録」をクリックします。

wordpress-com-img03

必要事項を記入して登録します。

wordpress-com-img04

WordPressのJetpackをONにする

WordPressにインストールしたプラグイン「Jetpack」を有効化します。

wordpress-com-img06

WordPress.comと連携するアラートが表示されますので、連携するボタンをクリックします。

wordpress-com-img07

Jetpackと連携します。

wordpress-com-img08

Photonを有効化する

WordPressのダッシュボードから、Jetpackの設定へと進み、Photonを有効化します。

wordpress-com-img09

以上で完了です。

CDNの効果を調べる

ブログのソースで画像が「http://i●.wp.com/・・・」となっているとOKです。

http---www.marizon.jp-staff-blog-

GTmetrixなどでも、表示速度を計測してみてください。

ブログの内容にもよると思いますが、画像が多いブログは効果大だと思います。

キャッシュ系プラグインとの併用について

キャッシュ系プラグインとはバッティングしやすいかと思います。
環境によって異なると思いますが、「W3 Total Cache」は、画面が真っ白になりました。(笑

「DB Cache Reloaded Fix」「WP File Cache」は大丈夫でした。

「WP File Cache」と併用しても速度は変わらなかったのでOFFにしています。
「DB Cache Reloaded Fix」は、少し速度が上がったので有効化しています。

キャッシュ系のプラグインなしでもこれだけ早いと言うのは、なかなか良いかと思います。

新しい記事

東京のWEB制作会社イッティ