ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

コンテンツマーケティング止めたら売上が上がったケース

コンテンツ・マーケティングの費用対効果が落ちていくので、SNSマーケティングに切り替えた事例です。

SEOサービスは昔から一貫してコンテンツマーケティングを提供していましたが、パンダアップデートからコンテンツ・マーケティング型のSEOや、キュレーションサイトが増えてきて、費用対効果が昔ほど良くはありません。

コンテンツマーケティングの現状

クライアントサイトでは、ブログを担当するスタッフは実務との兼任がほとんどで、現場スタッフならではの知識や情報を記事にしてもパクリライト(パクられてリライト)されるため、パクリ記事を探して通報するといった仕事が増え、モチベーションも下がり、検索ランキングも下がります。

しかも、専門的な記事を投稿すればするほど、記事で使われるワードは重複することが多くなるため、現在のGoogleのアルゴリズムでは類似ページとして認識され評価されない場合もあります。
「Movable Type」で検索しても「小粋空間」や藤本さんウェブサイトなど、良質なMovable Type専門サイトが上位に表示されないのはどうなんでしょう・・・。

類似ページとして認識されないライティングや、カニバルにならない記事の追加となると担当者の学習コストが上がってしまいます・・・。

ひと昔のSEOは、専門的なウェブサイトが評価されていましたが、今は類似する記事が少なくなる幅広いジャンルの記事があるデパート型が評価されるようになっています。
また、一ページに大量の文字を詰め込むサグラダ・ファミリアSEOが効果的になっています。(若干、弱くはなっていますがやはり強い)

コンテンツマーケティングを止めてみた

実験的にコンテンツマーケティングを止めてアクセス、売上が上がった事例をご紹介します。
取り扱っているサービスや商材にもよりますが、ヒントになれば幸いです。

結論から伝えるとコンテンツマーケティングから、SNSマーケティングへ切り替えました。

もともとFacebook、Twitter、Instagramもおこなっていましたが、コンテンツ・マーケティングのリソースをSNSへ集中させました。手順や施策を全てを公開できませんが、できるだけ公開します。

ブログは一旦閉鎖へ

ブログは一旦閉鎖しました。
更新が止まったブログはパクリライトされやすいためです。

ブログを閉鎖したので、.htaccessでトップページにリダイレクトさせています。

オフィシャルブログを閉鎖しても検索サイトからの流入は緩やかに落ちていきますので、その間にSNSへ注力すると良いでしょう。

Twitterでおこなったこと

Twitterは手軽で担当スタッフの負担が少ないため、SNSマーケティングの入門には最適です。

ガイドラインを作ると、ツイートし辛くなってしまうのであえてガイドラインなどを作らず、ツイートしてもらいました。

「砕けた表現や、冗談などもOKですか?」と質問されますが、常識の範囲でお願いします。としています。今のところ特に問題はありません。

ツイートだけではなく、フォローを増やすこともおこなっています。

Instagramでおこなったこと

できるだけ写真にこだわりました。綺麗な写真が取れないスタッフには「とりあえず横と縦の写真を取りましょう」とアドバイス。横と縦の写真を取っていればどちらか一枚は使えることが多いです。

ハッシュも面倒くさがらずに付けるようにしました。

Instagramもとくにガイドラインは作成しませんでしたが「空の写真、景色の写真」は季節ごとに1~2枚までとしました。

Facebookでおこなったこと

オフィシャルのブログで書いていた記事をFacebookページに書くようにしました。

FBに直接記事を書くのではなく、閉鎖したオフィシャルブログに記事を書いてFBにも投稿できるようにしています。

オフィシャルブログはウェブサイトから削除していますが、ブログ自体は残してブログに記事を書いてもらうことで、いつでもオフィシャルブログを復活することができます。

コンテンツマーケティングからSNSマーケティングになって変わったこと

もともとSNSマーケティングにマッチしていたサービスでしたが、予想以上に効果がありました。
アクセス数は落ち込みますが、売上は上がりました。エンゲージメントもSNSの方が高いです。

コンテンツマーケティングも平行しておこなっていたらさらに効果があったかもしれませんが、リソースが限られており、下手すると両方のマーケティングが破綻することにもなるため、SNSマーケティングへと切り替えました。

担当スタッフが書いた文章の一部(550文字)がキュレーションの長い文章の中で、そのまま使われていることや、他県とはいえ競合サービスのブログにパクリライトされていることなども多々あり、担当スタッフのモチベーションもかなり下がっていましたが、今は高いモチベーションでおこなっていただいております。
InstagramやTwitterは手軽なので、手伝ってくれるスタッフが増えたのも良い点でした。

新しい記事

東京のWEB制作会社イッティ