ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

WooCommerce:長さ・幅・高さ・重さ・SKUを表示させる方法

WooCommerceの送料の項目に入力した長さ、幅、高さ、重さ、SKUコードを表示させます。

任意の場所表示させるため、グローバル変数を使います。

長さ、幅、高さ、重さの入力が無い場合は、非表示になるようにしています。

長さを表示させる

送料の「長さ」欄に入力した数値が表示されます。

PHP
<?php
  global $product;
  $attributes = $product->get_attributes();
  if ( $product->get_width() ) {
    echo '長さ' .$product->get_width(). 'cm';
  }
?>

必ず幅を入力しているのであれば下記でOKです。

PHP
<?php
global $product;
echo '長さ' .$product->get_width(). 'cm';
?>

幅を表示させる

送料の「幅」に入力した数値が表示されます。

PHP
<?php
  global $product;
  $attributes = $product->get_attributes();
  if ( $product->get_width() ) {
    echo '幅' .$product->get_width(). 'cm';
  }
?>

高さを表示させる

送料の「高さ」に入力した数値が表示されます。

PHP
<?php
  global $product;
  $attributes = $product->get_attributes();
  if ( $product->get_height() ) {
    echo '高さ' .$product->get_height(). 'cm';
  }
?>

重さを表示させる

送料の「重さ」に入力した数値が表示されます。

PHP
<?php
  global $product;
  $attributes = $product->get_attributes();
  if ( $product->get_weight() ) {
    echo '重さ' .$product->get_weight(). 'kg';
  }
?>

SKUを表示させる

SKUは必ず入力するため、ifは不要でしょう。

PHP
<?php
  global $product;
  echo $product->get_sku();
?>

ショップページに長さ・幅・高さを表示させる場合

下記の図のように、ショップページの商品ごとに高さ、幅、長さを表示させます。

functions.phpを編集して表示させると楽です。

functions.php
add_action( 'woocommerce_after_shop_loop_item', 'show_product_dimensions_loop', 20 );
function show_product_dimensions_loop() {

global $product;

$dimensions = $product->get_dimensions();

if ( ! empty( $dimensions ) ) {

echo '<div>';
echo '<span>高さ:</span> ' . $product->get_height() . get_option( 'woocommerce_dimension_unit' );

echo '<br><span>幅:</span> ' . $product->get_width() . get_option( 'woocommerce_dimension_unit' );
echo '<br><span>長さ:</span> ' . $product->get_length() . get_option( 'woocommerce_dimension_unit' );
echo '</div>';
}
}

以上となります。

WooCommerce制作、運営でお困りの方はお気軽にご相談くださいね。

新しい記事

東京のWEB制作会社イッティ