ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

コピーライト(PHP、JavaScriptのコピペ)

コピーライトをコピーして使いやすくするJavaScript、PHPです。

コピーライトの年度を自動的に更新するPHP、JavaScriptです。
コピーライトをコピーしやすいようにするわけです。

PHP、JavaScriptを使って、下記のようなコピーライト表示にします。

© 2011–2013 ITTI Inc.

JavaScript

下記のコードを書いたcopyright.jsを用意します。

「●発行年度」は、発行年度を記入します。
「●著作権者名」は、企業名、サイト名を記入します。

document.write("© ●発行年度-<scr"+"ipt type=\"text/javascript\">myDate = new Date();myYear = myDate.getFullYear();document.write(myYear);<\/scr"+"ipt> ●著作権者名");

コピーライトを表示したい箇所でcopyright.jsを読み込みます。

<small>
    <script type="text/javascript" src="copyright.js"></script>
</small>

PHP

PHPはかなり簡単です。下記をフッターに記述するだけです。

WordPressや、Movable TypeをPHPにしている場合にも使えます。

© ●発行年度–<?php echo date('Y'); ?> ●著作権者名

公開初年度の場合、「2013-2013」となってしまうので、公開初年度は「2013」となるようにするには下記のPHPとなります。

<?php
  $then = ●発行年度;
  $now = date('Y');
  if ($then &amp;lt; $now) {
    echo $then.'–'.$now;
  } else {
    echo $then;
  }
?> ●著作権者名

Movable Type (モディファイアを使う)

MTの場合は「MTDate」タグを使います。下記をフッターに記述するとOK。

&#169; ●発行年度-<$MTDate format="%Y"$> ●著作権者名

「2013-2013」などと発行年度が二重に表記される場合は下記でOKです。

<mt:setvar name="startyear" value="●発行年度" />
<mt:date format="%Y" setvar="thisyear" />
<mt:if name="thisyear" gt="$startyear">
&#169; <mt:getvar name="startyear"> - <mt:getvar name="thisyear"> ●著作権者名
<mt:else>
&#169; <mt:getvar name="thisyear"> ●著作権者名
</mt:if>

著作権表記について

著作権の表記で最低限必要な書式は下記の3つです。

  • コピーライト「©」
  • 発行年度(「2013」など)
  • 著作権者名(「企業名やサイト名、著者名」など)

コピーライトの年度を自動更新するJS、PHPをご紹介しましたが実は不要なのです。(笑

コピーライトのマークは「©」が万国著作権条約に認められていますので「( C )」よりは「©」を使ったほうが良いでしょう。

また、書式の順番に決まりはありません。「企業名 © 2013」でも「© 企業名 2013」でも問題はないです。

「all rights reserved.」 については、現在では意味のない著作権保護の表記となっていますので、表記しなくても問題はありません。

新しい記事

東京のWEB制作会社イッティ