ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

Gutenbergの無効・設定や便利なプラグイン

Gutenbergエディターを無効にする設定や、Gutenbergをより便利に使うプラグインやカスタマイズの覚書です。

ワードプレスのバージョン5からメインエディターが「Gutenberg」となりました。

Gutenbergについては英語ですが「Gutenberg News」が参考になります。

GutenbergをOFFにする

functions.phpに追記することで旧エディターになります。

プラグイン「Classic Editor」を使う方法もあります。

functions.php
add_filter( 'use_block_editor_for_post', '__return_false' );

Gutenbergのスタイルシートも不要のため、スタイルシートの読み込みを削除します。

functions.php
function remove_gutenberg_style() {
wp_dequeue_style( 'wp-block-library' );
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'remove_gutenberg_style' );

カスタムタクソノミーが表示されるようにする

Gutenbergにすると、エディターからカスタムタクソノミーが表示されない場合があります。エディターのメニューにカスタムタクソノミーを表示させます。

カスタムタクソノミーのデータをREST APIから取得すると表示されます。
'show_in_rest' => true,」をカスタムタクソノミーの設定に追記します。

functions.php
register_taxonomy(
    ’tax_name’,
    'post',
array (
         中略
         'show_in_rest' => true,
    )
);

下記の方法でもOKです。

functions.php
function tax_api() {
    $mytax = get_taxonomy( 'タクソノミー名' );
    $mytax->show_in_rest = true;
}
add_action( 'init', 'tax_api', 30 );

Gutenbergのブロックが便利になるプラグイン

Gutenbergの特徴である「ブロック」がより便利に使えるプラグインがリリースされています。

Block Lab

オリジナルのブロックをメニューに追加することができます。

Advanced Gutenberg

アコーディオンや写真付きの引用など、さまざまなブロックが用意されています。

Atomic Blocks

こちらも複数のブロックが用意されています。

拡張性がよさそうなのでGutenbergに慣れるといままでのエディター以上のレイアウトも簡単にできそうですね。

新しい記事

新宿のWEB制作会社イッティ

新宿のWEB制作会社イッティ