ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

求人ページにJSON-LDの構造化データを追加する

求人ページ用の構造化データ(JSON-LD)をマークアップする方法や、情報サイトなど。

企業ホームページの「求人ページ」に、JSON-LD形式の構造化データを適用させます。

JSONのプロパティに必要事項を記入するだけ。簡単に構造化データができます。

Googleが推奨している求人の構造化データ

Googleはエンリッチ検索結果のひとつとして求人をサポートしています。
構造化データを用意すると、エンリッチ検索結果に表示されるようになります。

エンリッチ検索結果に必要な構造化データは「Job Postings」に書かれています。

Job Postingsを参考にした構造化データJSON-LDのマークアップが下記になります。

JSON-LD
<script type="application/ld+json">

{
    "@context": "http://schema.org",
    "@type": "JobPosting", //構造化データは求人であることを明記
    "title": "ウェブデザイナー 実務経験者のみ募集" //募集する職種のタイトル。給与や会社名、!、*などは記載してはいけない。
    "baseSalary" : { //【推奨】給料の情報
    "@type": "MonetaryAmount",
    "currency": "JPY", //日本円で換算される。
    "value": {
         "@type": "QuantitativeValue",
         "unitText": "MONTH", //日給(HOUR)、週休(WEEK)、月給(MONTH)、年収(YEAR)
         "value": "240000", //金額
         "minValue": 240000, //給料額に幅がある時。最小値
         "maxvalue": 260000 ///その最大値
    }
},

    "employmentType": "Full-time", //【推奨】雇用形態 複数の場合は["Full-time", "Part-time"]
    "datePosted": "2017-11-20", //【必須】募集開始日
    "validThrough": "2017-12-25" //【推奨】募集終了日
    "description": "ウェブサイトのデザイン及びコーディング業務になります", //【必須】求人の概略
    "jobLocation": { //【必須】勤務地
    "@type": "Place",
    "address": {
        "@type": "PostalAddress",
        "addressCountry": "JP",
        "postalCode": "160-0023",
        "addressRegion": "東京都",
        "addressLocality": "新宿区西新宿",
        "streetAddress": "3-15"
    }
},

    "hiringOrganization" : { //【必須】募集している企業情報
    "@type" : "Organization",
    "name" : "ITTI",
    "sameAs" : "https://www.itti.jp/"
},

    "identifier": { //【推奨】募集している企業と求人管理番号
         "@type": "PropertyValue",
         "name": "ITTI",
         "value": "0011223344"
    }
}
</script>

募集終了日時の「validThrough」は必須ではなく、推奨のようですがどっちなんでしょう・・・。

構造化データのチェックは構造化データテストツールでおこなえます。

構造化データテストツール

テストを行い「エラーなし」ならOK。

エラーと表示されるのは、必須フィールドが抜けている場合や、必須フィールドの値に誤りがある場合です。

警告と表示されるのは、推奨フィールドがない場合です。
必要なら推奨フィールドも追加します。

その他のJobPostingの構造化データ

schema.orgにはJobPostingのプロパティが掲載されています。

schema.orgの「JobPosting

主なプロパティに下記があります。
内容が重複するようなプロパティもありますが、必要に応じてプロパティを追記していきます。

プロパティ内容記入例
educationRequirements必要な学歴高卒以上
experienceRequirements必須のスキルや能力Adobe CCを使用してウェブサイト制作ができる方
incentiveCompensation賞与賞与年一回
qualifications仕事をする上で必要な資格普通自動車免許
occupationalCategory職業のカテゴリ
BLS O*NET-SOC分類法で記入
15-1134.00 Web Developers
responsibilities仕事に伴う責任ステークホルダーのゴールを達成させる
qualifications仕事特有のスキルや 技術主に女性をターゲットにした制作が多く、華やかで上品なデザインが求められます
imageイメージ画像https://www.itti.jp/common/img/job.jpg

NET-SOC分類法の職業のカテゴリーは下記のサイトで検索できます。

O*NET code connector

まずはGoogleが必須とするプロパティだけで良いと思います。

新しい記事

東京のWEB制作会社イッティ