ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

WooCommerce:英語の日本語化、日本語ファイルの修正方法

WooCommerceの日本語ファイルを編集する方法です。

WooCommerceの日本語化

WooCommerceは海外のECプラグインのため日本語化されていません。

そこでWooCommerceを日本語表記にするためのプラグインを導入します。

日本語は、物販とダウンロード販売でも通用する翻訳になっているため、物販だけの場合は日本語を修正した方が使いやすくなります。

翻訳ファイルの修正方法

WooCommerceの日本語ファイルは下記のディレクトリにあります。
/wp-content/languages/plugins/

この中の「woocommerce-ja.mo」が日本語ファイルです。
「woocommerce-ja.po」は編集用のファイルになります。

この2つのファイルをダウンロードします。
ディレクトリのファイルは削除しないでそのままにしておきます。

翻訳ファイルの修正は「woocommerce-ja.po」を編集して「woocommerce-ja.mo」にコンパイルすることになります。

翻訳ファイルの編集ソフト「Poedit」を使う

woocommerce-ja.moをエディタで直接修正することもできますが「Poedit」を使って編集します。WordPressのプラグインの日本語翻訳も簡単にできるので使える用になっていたほうが良いでしょう。

Poeditは日本語に対応しているので、インストールするだけで使うことができます。

Poeditでwoocommerce-ja.poを開くと下記のように表示されます。

操作は簡単で、翻訳したい箇所を選択して「翻訳」欄に日本を記入するだけです。

編集する箇所を探すのは大変なので、検索ウインドウから検索します。
Cntrキー+Fキーで、検索ウインドウが表示されます。

編集したら「woocommerce-ja.mo」にコンパイルします。
ファイル→MOにコンパイルで「woocommerce-ja.mo」にコンパイルされます。

日本語ファイルのアップロード先

サーバに「woocommerce」ディレクトリを作成し、その中にアップロードします。

「/wp-content/languages/woocommerce
(/wp-content/languages/woocommerce/woocommerce-ja.mo)

このディレクトにアップロードすることで、プラグインがアップデートしても上書きされることはありません。

WooCommerceの管理画面をリロードして、翻訳が修正されていればOKです。

新しい記事

新宿のWEB制作会社イッティ

新宿のWEB制作会社イッティ