ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

WordPress:サーバー移行とドメイン変更

新宿のウェブ制作会社イッティのデザインスタッフです。通常のHTMLによるホームページをWordPressにコンバートする案件も増えてきています。今回はWordPressのサーバ移行方法をご説明します。

WordPressの移行方法はいろいろな方法がありますが、当社ではオーソドックスなデータベースとファイルを移行させる方法をおこなっています。WordPressを移行して、さらにドメイン(URL)も変更します。

WordPressを別のサーバへ移行し、ドメイン(URL)も変更する方法です。

移行作業の流れ

移行の流れは下記になります。

  1. 現在運営しているWordpressの画像やテンプレート、プラグインなどのファイル一式を保存する
  2. phpMyAdminを使ってデータベースを保存する
  3. 新しいサーバのphpMyAdminを使ってデータベースをインポートする
  4. 新しいWordPressのURLを書き換える
  5. 新しいWordPressに画像やテンプレート、プラグインをアップロードする

移行作業の流れは以上となります。

データベース、ファイルを保存する

まず、現在運営されているWordPressの画像やテンプレートなどのファイル一式と、データベースを保存していきます。

WordPressのファイル一式を保存する

WordPressのファイル一式をダウンロードする前にプラグインを全てOFFにします。
有効のままでも良いですが、より安全に復元するためにプラグインを全てOFFにします。

続いてFTPでWordPressのファイル一式をダウンロードします。

wpbackup-ftp

phpMyAdminでデータベースをバックアップする

phpMyAdminでデータベースをバックアップします。

メニューの「エクスポート」をクリックします。

wpbackup-phpmyadmin-00

「詳細-可能なオプションをすべて表示」にチェックします。

wpbackup-phpmyadmin-01

「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT / TRIGGER コマンドを追加する」をチェックします。

wpbackup-phpmyadmin-02

あとは「実行」ボタンをクリックしてデータベースを保存します。

新しいサーバーの設定をする

新しいサーバにWordPressをセットアップして、先ほど保存したデータベースをphpMyAdminを使ってインポートさせていきます。

WordPressのファイル一式をアップロード

ダウンロードしたWordPressのファイル一式をFTPで新しいサーバーにアップロードします。

wpbackup-ftp

データベースのインポート

新しいサーバーにデータベースを作ります。
データベース名やユーザー名、パスワードは変更しないで同じにします。

※変更する場合は先程アップロードしたWordPressの「wp-config.php」のデータベース情報を変更します。

phpMyAdminで保存したデータベースをインポートします。

wpbackup-phpmyadmin-03

もしドメインの変更が無ければ、これでサーバーの移行は完了です。
ログイン画面へアクセスするとログインできます。

ドメイン変更によるデータベースのレコードを修正

今回は違うドメインにWordPressを以降させるため、データベースの書き換えが必要になります。

公式ではデータベースのレコードを書き換えるツール「Database Search and Replace Script in PHP」を使うことを推奨していますので、ダウンロードします。

Database Search and Replace Script in PHP

sr01_compressed

WordPressはデータベース内にシリアライズされた情報が記録されているのでphpMyAdminからデータベースのレコードを書き換えると整合性が取れなくなります。

そこで「Database Search and Replace Script in PHP」を使って記事や画像のURLを新しいドメインに一括で書き換えます。

Database Search and Replace Script in PHPを使う

Database Search and Replace Script in PHPをWordPressと同じディレクトリにアップロードしてアクセスします。

例えばドメイン直下にWordPressをインストールしている場合は、URLは下記になります。
「https://www.ドメイン/Search-Replace-DB-master/」

1.ドメインの書き換えを設定

Database Search and Replace Script in PHP使って旧ドメインを新ドメインに書き換えます。

「replace」に旧ドメインを記述します。
「with」に新ドメインを記述します。

※「https://」や最後に「/(スラッシュ)」などは不要です。
httpsや最後にスラッシュがあると書き換えモレが発生します。

sr02

2.書き換えのテスト

「dry run」ボタンを押すと、書き換えのテストができます。

sr03

「dry run」ボタンをクリックすると、書き換えられるレコードが下に表示されます。

「view changes」をクリックすると書き換えられた内容を確認することができます。

3.データベースを書き換える

「live run」ボタンを押すとデータベースの書き換えられます。

sr04

もし、データベースの書き換えで失敗した場合は、データベースのインポートからやり直せば大丈夫です。

4.Search and Replace for WordPress Databases Scriptを削除

データベースの書き換えが完了したら忘れずに「Database Search and Replace Script in PHP」を削除します。

「delete me」ボタンを押すと自動的にファイルが削除されます。

sr05

移行したWordPressにログインする

移行したWordPressにログインして、プラグインを有効にします。
設定なども確認します。

旧ドメインからリダイレクトさせる

旧ドメインのサーバーに「.htaccess」をアップロードして新しいドメインにリダイレクトさせます。

.htaccess
RewriteEngine on
RewriteRule ^(.*)$ http://www.新しいドメイン/$1 [R=301,L]

旧ドメインにアクセスして、自動的に新ドメインに遷移されるとOKです。

最後にテンプレートのURLや、Google、メールの設定

ドメインが変わったのでWordPressのテンプレートやGoogle Analytics、メールアドレスなども忘れず修正します。

  • 新しいドメインでメールアカウントを発行
  • テンプレートのURLを新しいドメインに修正
  • WordPressにフォームを設定している場合はメールアドレスを修正
  • Google Analyticsを設定
  • Google Search Consoleを設定
  • Google マイビジネスを修正
  • Facebookページの修正
  • Twitterの修正
  • Yahoo!カテゴリーの修正

なども合わせて修正します。

新しい記事

新宿のWEB制作会社イッティ

新宿のWEB制作会社イッティ