ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

タグマネージャーでバナーやリンクのクリックを測定する方法

Google Tag Managerのイベントトラッキングを使って、バナーや電話番号、SNSなどのクリック数を測定する方法をご紹介します。

バナーや電話番号、要素の表示などを測定するには、タグマネージャーの「イベント」を設定することで取得できます。

イベント測定の基本となるバナーのクリック数を取得する設定を進めながら、電話やSNSのクリック測定も進めていきます。

バナーのクリックを測定する

今回は、全ページに貼られたバナーの「クリック回数」と「バナーがクリックされたページ」を測定します。
設定作業の流れは下記になります。

  • クリックを測定する変数を有効にする
  • タグにイベントを設定
  • イベントが発火するトリガーを設定

以上となります。

変数が使えるようにする

まずはクリックを測定できるよう変数を有効にします。

「変数」の「設定」ボタンをクリックして変数を有効にします。

ページ」の変数を有効にします。
使う変数は1つだけでも、ここでは全て有効にします。

クリック」の変数を有効にします。
使う変数が1つだけでも、ここでは6つの変数を有効にします。

クリック変数の意味は下記になります。

Click Elementタグが囲んでいるテキストや画像など全て
Click Classesタグに設定されているclass属性
Click IDタグに設定されているid属性
Click Targetタグに設定されているtarget属性
Click URLタグに設定されているリンク先のURL
Click Textタグが囲んでいるテキスト。アンカーテキストなど

タグの設定

新しいタグを作成します。
名称は「バナークリック測定」として、タグの設定をクリックします。


タグの設定を下図のようにおこないます。

トラッキングタイプは、クリックを測定するため「イベント」を設定します。

カテゴリー

カテゴリは「バナークリック」としました。
Analyticsのイベントには「バナークリック」と表示されます。

アクション

Analyticsでは「どのバナーがクリックされたのか?」が分かります。
今回は、リンクタグに「id="banner"」を設定しているため、変数「{{Click ID}}」を設定しました。

リンクタグをいじれない場合は「{{Click URL}}」を設定すると良いでしょう。
Analyticsにはリンク先のURLが記録されます。
変数を使わずに「会社のバナーA」などの日本語でも可能です。

ラベル

Analtyicsでは「どのページでバナーがクリックされたか?」を調べたいので「{{Page URL}}」を設定しました。

Googleアナリティクス設定

既にアナリティクスIDを変数としていると思います。その変数を設定します。
変数としていない場合は、アナリティクスIDを記入します。

非インタラクションヒットの真・偽とは

非インタラクションヒットには「真・偽」があります。イベント発生時の直帰を測定する設定になります。

「真」と設定した場合

ページに訪れ、バナーをクリックして別サイトへ行った場合は、直帰となります。
サイト内の別ページに行った場合は直帰となりません。

「真」を設定するケースは、バナーの遷移先がサイト内のページの場合です。

「偽」と設定した場合

「真」の逆となり、別サイトへ行った場合でも直帰となりません。
サイト内の別ページに行った場合は直帰となります。

「偽」を設定するケースは、バナーの遷移先が別サイトの場合です。

トリガーの設定

トリガーの設定は下図のようにします。

 

トリガータイプ

トリガーの種類は「クリック リンクのみ」を選択します。

タグの配信を待つ

チェックオフでも良いですが、バナークリック後のページ遷移が早いと数値を取得出来ないことがあります。
その様な時は、ここの設定でバナークリックからページ遷移の時間を少し遅らせる事ができます。

これらすべての条件がtrueの場合にこのトリガーを有効化

トリガーが有効になる条件を設定します。
今回は全ページに貼られているバナーのクリック率を取得するので、「Page URL」で「正規表現に一致」として「.*」(全ページが対象となる)を設定しました。

トリガーの発生場所

バナーのクリックのみを測定するため「一部のリンククリック」を選択します。

イベント発生時にこれらすべての条件が true の場合にこのトリガーを配信します

イベントを測定する条件を設定します。
バナーがクリックした時や、電話番号がタップされた時、テキストが表示された時など、様々なイベントを設定できます。

今回は、リンクタグにid="banner"が設定されたバナーのクリック数を測定するため「Click ID」「等しい」「banner」を設定しています。

以上で設定は完了です。

リンクタグにidやclassを仕込め無い場合は?

リンク先のURLをトリガーにすればOKです。

スマフォで電話番号がタップされた数を測定したい

リンク先の電話番号をトリガーにするとOKです。

複数のバナーをそれぞれ測定する場合は?

バナーが複数あり、それぞれのクリック数を取得する場合は「+」ボタンを押してトリガーを追加します。例えば「Click ID」「等しい」「banner-a」など。

以上のようにイベントでいろいろとデータを取得することができます。

Analyticsで確認する

バナーのクリック数や、バナーがクリックされたページを確認してみましょう。

Analyticsの「行動」→「イベント」→「上位のイベント」で確認できます。

「バナークリック」からクリックされたバナーや、バナーがクリックされたページなど、更に深堀りして調べることができます。

新しい記事

新宿のWEB制作会社イッティ

新宿のWEB制作会社イッティ