ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

PLESK:MovableTypeで403エラーとなるのを解消する方法

MovableTypeの設定や投稿で403エラーとなる原因WAFの設定方法です。

403エラーの原因

403エラーとは「ファイルにアクセスする権限がない」時のエラーです。サーバの設定ミスや、単にサーバがダウンしている時に表示されるエラーです。

403エラーでもWordPressやMovableTypeの管理画面にアクセスできる場合は、下記の原因が考えられます。

  • .htaccessの設定ミス
  • パーミッション(権限)設定ミス
  • WAFによる拒否

管理画面にもアクセスできない場合は下記のケースが考えられます。

  • ドメインのDNS設定ミス、またはドメインが失効している
  • サーバがダウンしている

WAFの設定による403エラーの解消方法

MovableTypeの場合、設定や投稿で403エラーとなる場合はWAFが原因です。

Pleskでは、403エラーの原因となるWAFのセキュリティールールを設定することで、WAFを利用しながらMovableTypeを安全に運営することができます。

  1. WAFのエラーログを確認します。
    エラーログにIDが記録されています。
  2. セキュリティルールIDに、エラーログのIDを記入していきます。

以上で設定は完了です。

MovableTypeで記事の投稿や再構築をしてもエラーにならなければOKです。

新しい記事

東京のWEB制作会社イッティ