ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

サーバーIPがブラックリストに載ってメール送信エラーになるのを解除する方法

サーバー、ドメインが、スパムメールのブラックリストに載ってしまった時の対処方法です

GMOサーバのGmail、G Suiteへのメール障害回避方法は下記の記事をご参考ください。

GMOサーバのGmailスパム回避の最も簡単な方法


メールの送信エラーに「This is a permanent error」や「said: 550 SC-001(hotmail、livemail)」のメッセージがあれば、スパムメールと判定されて送信先のサーバに拒否されている可能性があります。

スパムメール判定を解除するには、プロバイダーやメールサービス、メールサーバなどが導入しているスパム判定のブラックリストからドメイン、またはIPアドレスを削除してもらう必要があります。

手順としては、ドメイン、IPアドレスがスパム判定されていないかを調べて、スパム判定している場合は解除してもらうように通知します。

送信エラーとなるドメインのIPアドレスを調べる

スパムメールに判定されているかを調べるためには「ドメイン」と「サーバのIPアドレス」が必要になります。

サーバのIPアドレスはaguseで調べると分かります。さらにフィッシングサイトや、SPAMcopなどのリストに載っているかも分かります。

spammaillist01

Googleや、SPAMcopなどのブラックリスト判定も分かります。
判定結果が「SAFE」なら大丈夫です。

spammaillist02

サーバーのIPアドレスがスパムかを判定する

サーバやプロバイダー、メールサービスによって導入しているスパム判定サービスはさまざまです。

そこで、各社のスパム判定サービスのリストに載っていないかを一括で調べることができるAnti Abuseを利用します。

1.「Multi-RBL Check」にIPアドレスを入力してチェックします。

spammaillist03

2.調査結果が「NOT LISTED」なら問題はありません。
「BLOCKED」と表示されたら、リンク先のスパム判定サービスにスパム判定の解除を申請します。

spammaillist04

ブラックリストからの削除申請は、スパム判定サービスごとに違うのですが、スパム判定によく使われている「SPAMHAUS」の検索方法をご紹介します。

SPAMHAUSのブラックリスト削除申請

海外の企業とメール連絡を頻繁にしている方で、スパム判定された場合は「SPAMHAUS」によってスパム判定されることが多いです。

1.まずはSPAMHAUSでIPアドレスがクリーンかを調べます。

2.IPアドレスを入力して「Lookup」ボタンを押します。

spammaillist06

3.結果が「not listed in the SBL」と表示された場合は大丈夫です。
is listed in the DBL」と表示された場合はブラックリストに載っています。

ブラックリストに載っている場合は、表示された「DBL removal form」から簡単に申請できます。

SPAMHAUSのブラックリストから削除されても、再びブラックリストに載る場合があります。定期的なチェックが必要です。

マイクロソフトのHotmail、Outlookへのメール送信エラー

HotmailやOutlookへのメールエラーに「said: 550 SC-001」が記載されている場合は、スパムメールとして認識されています。

試しにGmailから、HotmailまたはOutlookにテストメールを送信してみてください。
問題なく送信された場合は、確実にサーバがスパムメールのブラックリストに載っています。

SPAMブラックリストからの削除を申請する方法

メールを利用しているプロバイダー、またはサーバ会社に連絡して、ブラックリストから削除するための申請を促すのも良いですが、自分でやった方が早いです。

Hotmail、Outlookのスパム解除申請

よくあるのが、Hotmail、OutlookのSPAM判定による送信エラーです。

Sender Informationから申請すると早ければ1時間程度、遅くとも48時間内に解除されます。

1.必要な箇所を入力して送信します。

spammaillist05

2.約1~2時間で「IPアドレスをブラックリストから削除したよ」とのメールが届きます。

ただし、限定的な解除なので再びブラックリストに登録されることもあります。
定期的にチェックした方が良いでしょう。

なぜスパムメールのブラックリストに載るのか?

普通にメールを使用しているのにスパムメールのブラックリストに載ってしまうのにはいくつかの原因があります。

共有サーバで他のドメインがスパムメールを送っていた

共有サーバには複数のドメインが可動しています。その中のドメインが大量にスパムメールを送信しているとサーバ(IPアドレス)が一緒のため、あなたのドメインも被害を受けます。
アダルトOKのサーバを利用している場合に多くあるケースです。

スパムメールのブラックリスト削除の申請をおこなっても、再びブラックメールに登録されることがあります。サーバ会社に連絡して対策してもらう方が良いでしょう。

パソコンがウイルスに感染して、メールを大量に送信していた

サーバのメール送信状況を確認して、短時間にメールを大量に送信している場合は、パソコンがウイルス感染していることが考えられます。

メールを大量に送信しているパソコンがウイルス感染していなかを調べます。ウイルス感染していた場合は、ウイルスを除去してからスパムメールのブラックリスト削除の申請をおこないます。

メールサーバーが踏み台にされている

メールサーバに侵入されている、またはメールアドレスの情報が漏れることで、勝手にメールを送信されるケースです。

メールサーバが不正に中継されているかは下記のサイトで確認できます。

http://www.antispam-ufrj.pads.ufrj.br/test-relay.html

http://check.jippg.org/

1.IPアドレスを入力して検索します。

2.「OK」または「Relay access denied(リレーアクセスが拒否された)」と表示されれば問題ありません。

リレーアクセス可能と表示された場合は、メールサーバのログを確認してメールの認証方法や、パスワードの変更、マルウェアが仕込まれていないかなどを調べて対処する必要があります。

新しい記事

新宿のWEB制作会社イッティ

新宿のWEB制作会社イッティ