SUPPORT

イッティ お客様サポート情報

Windows10:回復ドライブの作成方法

回復ドライブとはWindows7時代に「リカバリーディスク」と呼ばれた機能のことです。

Windowsの再インストールや、起動しなくなったWindowsを起動させるための機能が備わってアプリケーションのひとつです。
PCを購入したら必ず回復ドライブを作成しておいてください。

回復ドライブの作成方法

回復ドライブの作成はとても簡単です。

ただし、ノートパソコンの場合はハードディスク内に「リカバリー領域」が用意されていたり「専用のリカバリーディスク」が付属している製品もあります。
この場合は回復ドライブを作成する必要はありません。

もちろん、回復ドライブを作成することもできますが、各メーカーによって回復ドライブを作成する時の設定が少し異なります。

メーカーのウェブサイトを確認してから回復ドライブを作成してください。

回復ドライブに必要な物

32GBのUSBメモリーが必要となります。

USBメモリーは回復ドライブ専用となるため、他のファイルや画像などと一緒に保存することはできません。

USBメモリーをPCに差し込んで作業を進めていきましょう。

検索窓に「回復ドライブ」と入力します。
表示された「回復ドライブ」アイコンをクリックします。

回復ドライブ作成のウインドウが開きます。

「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックを入れます。
※ノートパソコンのメーカーによってはチェックを外す場合もあります。

しばらくすると「USBメモリー」を認識します。
保存先となるUSBメモリーを選択して「次へ」進みます。

「作成」ボタンをクリックするとUSBメモリーがフォーマットされて、回復ドライブが作成されます。

回復ドライブの作成時間は30分~3時間ほどかかります。
下記の画面になったら「完了」ボタンを押して完了です。

回復ドライブは複数作成する必要はありません。
PC一台につき1つだけで大丈夫です。

回復ドライブと「システムのバックアップ」があれば、万が一の時でもWindowsを復元することが可能となります。

「システムのバックアップ」の作成もお薦めいたします。

関連する記事

新宿のWEB制作会社イッティ

新宿のWEB制作会社イッティ