ITTI STAFF
BLOG

イッティWEBスタッフの制作ブログ

ステップメール、メルマガを配信できるMailpoet3の設定方法

イッティの制作・マーケティング担当のMです。ECサイトの運営にとってプッシュ型のセールができるメールマガジンはとても重要です。

今回はステップメール機能も備えたWordPressのメールマガジンプラグイン「Mailpoet3」の設定方法を詳しく解説します。

MailPoet3の基本情報

MailPoet3は機能豊富ですが、操作は非常に簡単な優れたメール配信プラグインです。

MailPoet3ができること

MailPoet3には4つのメール配信機能があります。

  1. メールマガジン
    予約配信、配信ユーザーの選択が可能です
  2. ステップメール
    新規ユーザーに予め用意したステップメールを配信できます
  3. 記事の投稿をメールで通知
    記事の投稿をメールで通知します
  4. WooCommerceとの連動
    特定の製品、特定のカテゴリーの商品を購入したユーザーにアップセルのメールを配信。
    カート落ちしたユーザーにリターゲティングメールを配信

MailPoetのメニュー

MailPoet3のメニューは下記になります。

メール配信するメールを作成できます
フォームメールアドレス登録用のフォームを作成できます
購読者購読者の一覧を表示。
購読中止や休止中などのメール設定などができます
リスト購読者をグループ分けするためのリストを作成できます
設定各種設定ができます

最も使うメニューは「メール」です。
あとはユーザー管理で「購読者」「リスト」を使うことがあります。
「メール」「購読者」「リスト」だけを使うのでとても簡単ですね。

MailPoet3の設定

MailPoet3の設定を行います。

リストを作成

まずはリストから作成します。
リストとは、購読者のリストのことです。

例えば、メルマガの読者とステップメールの読者には、それぞれ違うメールを配信したいと思うでしょう。
その場合は下記の2つのリストを作成します。

「メルマガ向け読者」のリスト
「ステップメール向け読者」のリスト

これで、これでメルマガ読者とステップメール読者、それぞれに最適なメールを配信することができます。

それでは設定を進めてみましょう。
まずはメニューの「リスト」を選択します。するとすでにダミーのリストが3つ用意されています。

新しいリストを作成せずに「私の最初のリスト」を修正して使ってみます。
リストの名称や説明を修正して「保存」します。

フォームの作成

メルマガ登録用のフォームを作成します。

メニューから「フォーム」を選択して、新しいフォームを作成します。
すでに用意されているフォームは削除しても構いません。

設定

フォームの名称を記入します。
続いて、先程作成したリストを選択して、メルマガ登録後の設定を行います。
今回は「メッセージを表示」を選択してメッセージw記入しています。

フィールド

続いて「フィールド」を編集します。フォームの入力欄やラベルを編集することができます。

フィールドではフォームの入力欄を編集できます
編集する入力欄の「ディスプレイの編集」をクリックすると、フォームのラベルや、必須項目などを設定できます。

「新しいフィールドを追加」で、新しい入力欄を追加することができます。

追加した入力欄をフォームにドラッグ・アンド・ドロップで移動させます。

フォームの配置

「フォームの配置」で、ウィジェットまたはショートコードでの配置方法が記載されています。

メルマガ登録フォームの設置

メルマガを登録するフォームを表示させる方法は「ウィジェット」を使って表示させる方法と、ショートコードを使って表示させる方法があります。

ウィジェットを使って表示

メニューの「外観」→「ウィジェット」で「MailPoet3フォーム」で、メルマガ登録フォームを表示させるウィジェットを選択できます。

ショートコードを使って表示

固定ページにショートコードを記載するだけでメルマガ登録フォームが表示されます。

直接テンプレートにショートコードを記載する場合は下記のコードになります。

PHP
<?php echo do_shortcode('[mailpoet_form id="6"]'); ?>

メニューの「フォーム」の設定は以上となります。

設定

メニューの「設定」を選択して、基本設定や認証設定をおこなっていきます。

基本設定

メルマガの配信者や開封率を測定できる設定などを行います。

デフォルトの送信者

送信者の「名称」「メールアドレス」を記入します。

コメントで購読申込み

コメント欄にメルマガ購読のチェックボックスを表示させることができます。

サブスクリプション管理ページ

ユーザーがメルマガの購読を登録するページを設定します。

デフォルトでは「MailPoetページ」となりますが、任意の固定ページを設定できます。ショートコードは下記になります。

ShortCode
[mailpoet_manage_subscription]

購読中止ページ

ユーザーがメルマガの購読を中止できるページを設定します。

デフォルトでは「MailPoetページ」となりますが、任意の固定ページを設定できます。ショートコードは下記になります。

ShortCode
[mailpoet_manage text="Manage your subscription"]

統計通知

配信したメルマガの「開封率」「文章内のリンクのクリック率」「最もクリックされたリンク」などの情報をメールで通知してくれる機能です。
メルマガの効果を知ることができるため、必ず利用しましょう。

入力欄には受取先のメールアドレスを記入します。

新しい加入者の通知

ユーザーがメルマガに登録すると、通知してくれます。
通常は「いいえ」に設定します。

アーカイブページのショートコード

固定ページに過去のメルマガをリスト表示させることができます。

購読者の合計を表示するためのショートコード

メルマガの読者数を表示させることができます。
登録者数が多い場合は読者数を表示させるとアピールすることができます。

サインアップ認証

ユーザーのメルマガ登録方法や、承認メール文章、承認ページを設定できます。

サインアップ承認を有効にする

ユーザーがメルマガの購読を承認後に、メールで本登録する「ダブルオプトイン方式」の設定が可能になります。

承認メールの件名や文章を設定します。

承認ページ

承認ページを設定します。固定ページを設定することもできます。

送信方法

メルマガの配信方法を設定できます。

ウェブサイトのサーバを利用してメルマガを配信すると、サーバがスパムメール配信サーバとして認識されてしまうことがあります。
こうなると重要なメールも迷惑メールとして処理されてしまいます。

そこでメルマガの配信には別のメールサーバを利用するのが一般的です。

「MailPoet送信サービス」は有料プランとなります。配信サーバやメルマガの分析もできるため、メルマガの読者が多い場合は有料プランへの切り替えも良いでしょう。

「その他」では、他のメールサーバや、Amazon SESなどをメルマガ配信サーバとして設定することができます。

WooCommerce

ECプラグイン「WooCommerce」と連動させることができます。

WooCommerceの支払いページに「メルマガに登録」ボタンが表示されます。

高度な設定

基本設定とは違った少しテクニカルな設定を行います

バウンスメール

メルマガを送信してエラーとなったメールを受け取るメールアドレスを記入します。

エラーメールを把握するため、エラーメール受信用のメールアドレスを用意した方が良いでしょう。

ニュースレタースケジューラー

キューの設定になります。
設定によってはサーバのCPUに負担がかかります。推奨されている「あなたのウェブサイトへの訪問者」が最もCPU負担は軽くなります。

役割とアクセス許可

プラグイン「Menbers」をインストールすることで、管理権限を細かく設定することができます。

非アクティブな購読者への送信を中止する

メルマガを配信しても送信エラーとなるユーザーの配信を自動的に停止することができます。

設定する期間はメルマガの配信頻度に合わせて適宜設定します。
例えば、頻繁にメルマガを配信する場合は「3ヶ月後」に設定します。

匿名データの共有

MailPoetにデータの一部を提供することになります。
「いいえ」で良いです。

reCAPTCHAを有効にする

スパム登録を防ぐことができる「reCAPTCHA」をメルマガ登録に利用することができます。

キーアクティベーション

MailPoetの有料プランに加入するとアクティベーションキーが発行されます。
アクティベーションキーを入力すると認証されます。

以上でMailPoet3の設定は完了です。

続けてメルマガ登録・停止用のフォームの設置を進めていきます。

メルマガ登録フォームを設置する方法

メルマガ登録・解除ができるフォームの設置は、固定ページまたはサイドバーに表示させる方法があります。

固定ページにメルマガ登録フォームを設置する方法

固定ページにMailPoet3のショートコードを記入するだけです。

ショートコードの確認は、メニューの「フォーム」の「フォームの配置」で確認することができます。

固定ページにメルマガの停止・編集フォームを設置する方法

メルマガ停止、メールアドレスの変更などができるフォームを固定ページに設置します。固定ページにショートコードを記入するだけです。

Short Code
[mailpoet_manage_subscription]

ウィジェットにメルマガ登録フォームを設置する方法

ウィジェット機能を使って、サイドバーなどにメルマガ登録用のフォームを設置することができます。

ウィジェットの「MailPoet3フォーム」に表示させるウィジェットを選択するだけです。

以上でメルマガの登録・停止フォームの設定は完了です。

MailPoet3の設定、メルマガ登録・停止のフォームまで簡単に行うことができます。

 

新しい記事

新宿のWEB制作会社イッティ

新宿のWEB制作会社イッティ