GLOSSARY

ホームページの制作・運営に役立つ用語辞典

SEM

SEM(Search Engine Marketing)とは、検索エンジンからホームページへの訪問者を増やしてアクション(商品購入や資料請求など)へと繋げるマーケティング手法のことです。

SEMの手法として以下の2点があります。

  • 検索キーワードで上位表示させてユーザーを増やす(SEO)
  • 検索連動型広告を出稿してユーザーを増やす

SEMの特徴

テレビCMやチラシ、DMといった受動的な広告とは違い、自発的に検索する能動的なユーザーのため、優良な見込み客である可能性が高くなります。

そこで、SEOや検索連動型広告でホームページへの訪問者を増やして、訪問者に対してどのようなホームページでアプローチするのかといった一連の活動がSEMとなります。

SEMは、あくまで検索エンジンを対象としてるため「検索キーワード」を検索したユーザーへのピンポイントのアプローチになります。
マス層へのプロモーションには不向きですが、ニッチなビジネスには最適なマーケティング手法です。

SEMの取り組み方

予算を掛けておこなったSEOがうまくいかず、狙った検索キーワードで上位表示されない場合は失敗となります。
競合他社もSEOをおこなっている場合は、長いスパンをかけて取り組むことが必要となり即効性はありません。

即効性を求める場合は、検索連動型広告を出稿することになります。
人気にあるキーワードの場合は広告単価が高くなり、予算が多い企業に対抗する競争力が必要となります。

関連する用語

東京のWEB制作会社イッティ