GLOSSARY

ホームページの制作・運営に役立つ用語辞典

イノベーター理論

イノベーター理論とは、商品やサービスの拡がりを5つに分類した理論です。

新商品が発売された時に「どのような人が購入するのか」「どのように商品が普及していくのか」をタイプ別に分類したものです。

  1. イノベーター (Innovators:革新的採用者) 市場全体の2.5%
    新しいモノを積極的に利用したり、採用する人。商品の新しさを重視する人。
  2. アーリーアダプター (Early Adopters:初期少数採用者) 市場全体の13.5%
    流行に敏感で、自ら情報収集を行い判断する人。他の消費層への影響力もあり、「オピニオンリーダー」とも呼ばれます。
  3. アーリーマジョリティ (Early Majority:期多数採用者) 市場全体の34.0%
    比較的慎重で、平均より早く新しいモノを取り入れる人。「ブリッジピープル」とも呼ばれます。
  4. レイトマジョリティ (Late Majority:後期多数採用者) 市場全体の34.0%
    周囲が利用しているのを見てから同じ選択をする人。「フォロワーズ」とも呼ばれます。
  5. ラガード (Laggards:採用遅滞者) 市場全体の16.0%
    流行や世の中の動向に関心が薄い人。

16%の溝:キャズム

新商品・サービスを積極的に採用するイノベーターとアーリーアダプターは、他の消費者への影響が多いことから、次の消費者へと広がるための分岐点となります。

しかし、イノベーター、アーリーアダプターと、アーリーマジョリティとの間には容易に超えられない溝(キャズム)があります。
このイノベーターとアーリーアダプターを足した16%の溝(キャズム)を超えられない場合は市場から消えて行きます。

関連する用語

東京のWEB制作会社イッティ